喜志会、春の社内懇親会

その他

週末に日本料理研鑽会「喜志会」、株式会社石松の社内懇親会を同日午前、午後とあり、その準備でも今週後半は中々心身共に詰まっていました。

まずは、早朝からの喜志会。今回は早春のお題で、花見弁当の詰め方。
喜多丘流は、仕切りはせず、詰めていく最も難しい方法。
お節などもほとんどが仕切り板があったり、仕切られた空間に入れられた食材が盛り付ける手法。
それを仕切り無しで、きれいにきっちり詰めていきます。
隣同志の食材に味が移らない食材を選んだり、手前から奥に高くして、見栄えを良くしたり、中心部分に赤、黄、緑を配置して華を作ったり、いろんな手法を勉強します。
松花堂弁当の場合はどうする、店舗で弁当出す展開などなど、いろんな話が膨らみます。普段多用しないのですが、作り置きしておいしい料理の美味しさを追求していきました。

IMG_0020 IMG_0022

午後は、株式会社石松(石まつ三代目、小石SAKEBAR)のスタッフの懇親会です。
新入社員も入り、アルバイトも何人か新しく入り、石まつ三代目の10年経ち、気持ち新たに頑張っていきます!!
1555239746353

 

その他

TOP